肌トラブルについて

シミ

肌は歳を重ねるごとに老化が進み、肌トラブルとなって現れます。シミは肌の老化の一つとして知られ、悩まれている方も少なくないでしょう。ニキビと同様人の目に触れやすい肌トラブルであり、シミが出来始めると肌の印象は急激に老けてしまいます。

いつまでも美肌を保つためには紫外線対策と適切なスキンケアが必要です。シミの原因となるものは、意外と私たちの身近に潜んでおり、気づかないうちに蓄積されているものです。シミとなる原因やメカニズムを把握し、対策を立てましょう。

シミが出来るメカニズム

シミの原因として最も知られているのは紫外線ではないでしょうか。紫外線が肌に当たると、メラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを生成します。本来、メラニンは肌を紫外線から守る役割を果たしており、役目を終えるとターンオーバーにより体外へ排出される仕組みです。しかし、強い紫外線や外的な刺激により肌が異常を感じると、メラニンが過剰に生成されてしまいます。大量のメラニンがターンオーバーで排出しきれずに肌に留まり、肌表面に現れたものがシミとなるのです。

シミが目立つ前に

シミはある日突然出来るものではなく、原因となるものが肌に蓄積されて徐々に肌表面に現れます。20代でどれだけスキンケアに気を使えるかで変わると言われています。しみ対策として、紫外線対策は必須と言えるでしょう。特に紫外線が強いのは夏ですが、涼しい季節でも極端に弱まることはありません。紫外線対策は年間を通して行うべきでしょう。

外的な刺激も過剰にメラニンを作る原因となります。これは、ニキビや吹き出物による刺激、手で肌を擦るなどの刺激を指します。ニキビは早めに治したり、洗顔やメイクをする時にゴシゴシと触れてしまわないように注意しましょう。また、刺激の強い洗顔フォームなどはやめて、肌に優しく低刺激な洗顔石鹸に切り替えるのもスキンケアの一貫として良いでしょう。