肌トラブルについて

くすみ

肌トラブルの一つにくすみというものがあります。よく「シミやくすみに~」といった感じでシミなどと一緒に聞くことがあると思います。では、くすみとは具体的にどんなものでしょうか。シミは肌の一部分にピンポイントで現れるのに対して、くすみは顔全体がくすんだ冴えない色になってしまいます。これも老化の始まりと言え、メイクの輝きも弱まり、暗く、老けた印象を与えてしまうものです。くすみは顔全体に影響が出るので、若々しい肌を保つためにしっかりと対策をしましょう。

くすみの原因

くすみにはいくつかの原因があり、それぞれ対処法が違います。美肌を目指すにあたって、肌が黒ずんで老けたように見られてしまうくすみは対策をしておくべきでしょう。まずは肌がくすんでしまう原因を知りましょう。

  • 乾燥・・・スキンケアから時間が経ち肌が乾燥してくると、角質がめくれて出来る小さな影が肌をくすんで見せます。
  • 角質肥厚・・・肌のターンオーバーが乱れて角質が厚くなると、メラニンを含んだ古い角質により肌がくすんで見えます。
  • 血行不良・・・睡眠不足や偏った食事、ストレスなどで血行が悪くなると、肌が青黒くくすみ不健康な顔色になります。
  • カルボニル化・・・紫外線を受けることで発生する脂質分解物がタンパク質を変色させてしまう現象で、肌が徐々に黄ばんでいきます。他にも、タバコやストレスもカルボニル化の原因となります。

くすみ対策

最も効果的なくすみ対策としては、紫外線対策とターンオーバーの乱れを防ぐことと言えるでしょう。ターンオーバーの乱れは、肌の水分不足、角質肥厚の原因となります。保湿をスキンケアのみに任せるのではなく、肌が本来備えている天然の保湿因子でいつでも潤いを保てる肌を目指しましょう。そのためにはターンオーバーの正常化が必要です。

そして、くすみの原因の中で最も注意したいのが、カルボニル化です。この現象で変色したタンパク質は元に戻らないと言われており、対策としては予防するしかないのです。紫外線は1年中照射されており、私たちの肌は冬でも夏の半分の量の紫外線を受けています。そのため、年間を通して紫外線対策を行うことが望ましいと言えます。血行を良くするためには、規則正しい生活やバランスの取れた食事など、生活環境を整える必要があります。私たちの生活は肌の健康や美しさに大きく影響するので、肌トラブル全般の対策として心がけましょう。