肌トラブルについて

ニキビ

ニキビは肌トラブルの代表とも言えるもので、多くの方が一度は悩んだことがあるでしょう。思春期ニキビや大人ニキビと言われるものがあるように、10代から始まり人によっては40代・50代になってもニキビに悩まされることがあるようです。

ただでさえ目立ちやすいニキビですが、大人になってからのニキビは特に治りにくいと言われています。それは肌のターンオーバーと関係しているため、年を重ねるに連れて完治するのに時間がかかるでしょう。普段から、ニキビの原因を作らないように気をつけましょう。

ニキビが出来る様々な原因

思春期ニキビは成長期のホルモンバランスの乱れが原因であることが多いため、時間が経てば治る場合がほとんどです。しかし、大人ニキビの場合は、肌の異常から、生活習慣、食事、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、様々な原因が考えられます。

特に、生活リズムや環境の変化が激しい20代はニキビが出来やすく、20代後半からターンオーバーの乱れが形となって表れるので注意が必要です。日常的なメイクの負担やストレスの溜まりやすい30代も油断出来ません。正しいスキンケアやストレスを発散して、原因を取り除きましょう。

洗顔石鹸でニキビケア

日常生活で特にストレスも感じず、規則正しい生活を送っているにも関わらずニキビが出来てしまう場合は、スキンケアの方法が間違っている可能性があります。毛穴の汚れが取りきれていない、洗浄力の強い洗顔料や手と肌の摩擦が刺激となっているといった場合、せっかくのスキンケアが逆効果となります。

クリームタイプや泡タイプの洗顔フォームは、泡立ちや洗浄力が強い代わりに刺激も強い傾向にあるので、低刺激で適度な洗浄力のある洗顔石鹸が適しているかもしれません。泡立ちが悪いと感じた場合は、泡立てネットなどを使えば簡単に上質な泡を作ることが出来ます。その泡で優しくマッサージするように洗えば、毛穴の汚れまで落とすことが出来るでしょう。また、中にはニキビ専用の洗顔石鹸などもあるので、そちらを試してみるのも良いでしょう。